「IITアプリアワード2019」表彰式開催

2020年1月28日(火)新宿・京王プラザホテルにおいて「IITアプリアワード2019」結果が発表され、アプリ部門、アイディア部門それぞれの表彰式が執り行われました。

同アワードは、アプリケーションアプリを会員企業等の技術者が開発し、様々な角度(着眼点、新規性・独創性、市場性・魅力、発展性、ユーザビリティ等)から評価を行い、優秀なアプリ、アイディアを選出するものです。

一般PCやタブレット等のアプリケーションのアイディアを競う「アイディア部門」と、実際に動作するアプリケーションを作成する「アプリ部門」とで、併せて31作品の応募をいただき、次の方々が受賞されました。

アプリ部門

最優秀賞

氏 名 Ayrra Sambajon
アプリ名 英GO
社 名 システム・アナライズ(株)
技術賞

氏 名 日下部 厚樹
アプリ名 クラウド勤怠管理 「おしごとQR」
社 名 エレクス(株)
企画賞

氏 名 外平 智之
アプリ名 双方向見守りアプリ
学校名 早稲田文理専門学校
エンターテインメント賞

氏 名 大野 政人
アプリ名 自作PCアシスト「ジサカー」
学校名 早稲田文理専門学校

アイデア部門

最優秀賞

氏 名 杉浦 樹
アプリ名 ファッションナビゲーター
学校名 船橋情報ビジネス専門学校
優秀賞

氏 名 山添 友輔
アプリ名 いつでもどこでもミ守り君
社 名 (株)ミクロスソフトウエア
氏 名 張 元
アプリ名 Restroom Navigator
社 名 (株)ミクロスソフトウエア