「若手社員向けコンプライアンス」セミナー

2020年6月25日(木)にZoomオンラインセミナーにおいて、「若手社員向けコンプライアンスセミナー~社会人のモラルは若手社員のうちに叩きこめ!~」を開催しました。

平成31年4月より、「働き方改革法」施行につき、自由な働き方ばかりがメディアや情報誌に取りあげられる昨今、企業モラルやルールを守れない社員も同等、それ以上にメディアに多く取上げられています。「自社にはそのような社員は存在しない」では無く、いつ発生するか分からないモンスター社員を作らない・発生させない「予防接種」をすることが「企業」及び「ステークホルダー」(利害関係者)を守るための責務になっている時代です。 そこで、法務委員会では、新入社員を中心とした若手社員を対象に、コンプライアンスの重要性と厳守の必要性を理解させるため、さまざまな事例をもとにわかりやすく解説したセミナーを企画しました。

≪第一部≫「若手社員に必要な人事労務に関する権利と義務」についてTOMA社会保険労務士法人 代表社員特定社会保険労務士 麻生 武信 氏による講演、 ≪第二部≫ 若手社員に理解させるコンプライアンスの重要性についてTOMA税理士法人 部長 公認会計士 辻田 晋作 氏による講演の2部構成で急速に時代が変化する中での昨今の社会問題も取入れた、広範囲にわたって多くの具体例を交えて詳細に解説いただきました。